艶やかな澄んだ歌声が印象的な藍美代子さんは宮城県出身、昭和45年、
コロムビアの全国歌謡コンクールで優勝したのをきっかけに、「純エリ子」の
芸名でデビューしました。
しかし、4枚のシングルを発表したものの芽が出ず、一旦引退ということに
なりました。
その後渡辺プロダクションのオーディションを受けて合格、「藍美代子」として
再デビューを飾ったのです。
ちなみに、キャンディーズとは同期ということになります。太田裕美さんよりは
1年先輩ということになりますね。
大きなヒットはなかったものの、その歌声は今も多くの人々に愛されています。
そして、現在も地元仙台を中心にライブ活動を続けていらっしゃいます。
JAZZを中心としたライブだそうで、大いに興味が湧くところですね。

ところで、1977年夏に発表予定だったものの、未発表のままとなっている作品
に「別れの会話」があります。
このタイトルでピンとくる方もおありかと思いますが、1975年に発表された、
太田裕美さんのアルバム第4集「手作りの画集」に収録された同名作品の
カバーです。
うーん、聴いてみたい!
(2004.6.10)

 ミカンが実る頃
 作詞 山上路夫 作曲 平尾昌晃 編曲 森岡賢一郎
 風小僧
 作詞 山上路夫 作曲 平尾昌晃 編曲 森岡賢一郎
  L-1149W WARNER-PIONEER  1973.8

inserted by FC2 system