昭和47年、青山学院大と短大に在学中の3人の女子大生のグループ
「もとまろ」が発表した、彼女達唯一のヒット曲です。
メンバーの名前と「ひとこと」を・・・

◎海野圭子
「ガットギターと歌をやっております」
◎やまだますみ(坂東三寿珠)
「歌をかいて手づくりのうたをよくかんでうたいませう」
◎織間千佳子(花柳喜満)
「わんぱくでもいい、丈夫に育ってほしい!!
へえー、やまださんと織間さんの二人は、日本舞踊の名取りなんだ。
リリックなメロディー、歌詞。ところが、その歌詞に秘められた真の意味
は・・・
ああっ、僕にはとても言えません。^^;)

◆追記;この「サルビアの花」は当時各社競作になっており、岩淵リリ・
鳳蘭・川奈真弓等のアーティストの作品も発表されていました。 
尚、この情報は「普通のおじさん」と「は〜さん}からいただきました。御
協力ありがとうございました。


サルビアの花
作詞・相沢靖子 作曲・早川よしお 編曲・岸根孝雄
風船
作詞・桐山幸子 作曲・奈良史樹 編曲・岸根孝雄
A-101 CANYON Apr. 1972


inserted by FC2 system