「あの日のことは」も、回を重ねて7回目。7回目のゲストといえば、もうこの方しかいま
せん!そう、岡田奈々さんの登場です。
1975年のデビュー曲「ひとりごと」以来、彼女には清純さ、凛々しさといったイメージが
あったように思います。その一つの完成形は、あの「青春の坂道」でしょう。
そうした奈々ワールドを形作った作詞家・松本隆から離れて、南沙織に多くの詞を提供
した有馬稲子さんとの作品が、これです。
シンシアとは、また全然違う明るい、弾むような曲想は、これもまた奈々ちゃんの新しい
魅力を再発見してくれたのです。
(2001.10.07)

 らぶ・すてっぷ・じゃんぷ
 作詞・有馬稲子 作曲・森田公一 編曲・萩田光雄
 海のシンフォニー
 作詞・有馬稲子 作曲・森田公一 編曲・萩田光雄
  N-18 NAV  1977.07

inserted by FC2 system