記念すべき「あの日のことは」の第1回目は、甘やかな歌声が印象深い
フォークシンガー、本田路津子さんです。
1970年、「秋でもないのに」で彼女がデビューした時、森山良子二世
なんて言われたものですが、そうした評価は、彼女の素晴らしい素質故
に路津子さん自身を苦しめたのでした。
その後結婚、渡米していた路津子さんは現在福岡県宗像市在住。
信仰しておられる教会で賛美歌を歌い続けておられますし、賛美歌のCD
も発表しておられます。
全国各地の教会でのコンサートもやっておられるようですので、路津子
さんの変わらぬ美しい歌声を聴く機会もあることでしょう。


一人の手
訳詞 本田路津子 作詞・作曲 ピート・シーガー 編曲 青木望
出発のある人生
作詞 山上路夫 作曲 杉田二郎 編曲 高見弘
SONA86199 CBS SONY


inserted by FC2 system